前へ
次へ

しかるべき暗記力を身に付けておきたい人は

自分自身で納得できるほどの、レベルの高い暗記力を身につけたいなら、まずはセオリーをしっかりと学ぶよう

more

暗記学習は夜寝る前にすること

今日のテーマはどうしたら効率よく暗記できるかということです。
受験生たちにとっては必読のテー

more

暗記は間違いやすい内容と一緒に行う

暗記をするときにはいろいろな言葉や数字、記号などを覚えるときがあります。
それらの言葉が独特で

more

効率よく暗記をするために時間を決めてすること

暗記を効率よくすることは学生だけのみならず会社にすでに就職しているビジネスマン達にも必要な能力です。
それは一体どのような能力なのでしょうか。
明確にその定義が言える人は案外少ないのです。
それは覚えたことを口に出して言えるという能力なのです。
ということはその話の内容がつかめていないとなりません。
これが暗記をするときの一つのテクニックとなります。
つまり言葉の響きで覚えるのではなくて、その内容を理解して覚えていることなのです。
暗記するとは覚えたことを口に出して言えるようになるということです。
覚えたことを自分の言葉で説明できるようになったらそれは成功しているということができます。
ですから前述したように、第一のテクニックとしてはその内容を理解して、それで覚えるということです。
ひとたび内容を理解してしまえば、言葉の言い回しが違っていても、なんとか自分で説明ができるものです。
逆に内容を理解していなければ、どんなに美しい言葉で着飾っても、相手に伝わりません。
テクニックの2番目は、時間を限って覚えるということです。
だらだら覚えると、いつでも覚えることができるという気分に なりますので、永久に覚えることができません。
大切なことは時間を決めて計画的に覚えるということです。
それから素早く覚えるには様々なテクニックがあります。
そのテクニックをマスターすることも大切な要件となっています。
例えばどんな条件があるのでしょうか。
昔からこれは言われていることですが、一つの事を覚えるのに、 連想で覚えるということです。

成功を追求する東京の別れさせ屋です
失敗しないよう調査を繰り返しお客様のご依頼を成させます

大学の卒業式を迎えているなら
きれいな着付けを美容室でしませんか?

専門相談センターが気になる費用面をお手伝い
車ローンやキャッシング、消費者金融からお金を借りている方でも住宅ローンが通るようにサポートします

住宅ローン 消費者金融
借り入れが残っている方も審査が通るようにサポートします

一つの事柄というのはなかなか人間は覚えることができません。
ですが関連した別のものを一緒に覚えていれば、片方を思い出せば、残りの一方を自動的に思い出せるというわけです。
もう少し具体的に説明しましょう。
例えば語学の学習なんですが、英語だけを勉強するよりも、英語とタイ語を同時に勉強する方が覚えることが楽になります。
同じ内容の単語を二つの言葉で覚えることで、連想の力が発揮出来るというわけです。

Page Top